【生年月日占い】バースデーナンバー7の子どもは、一人が好きで甘え下手

こんにちは、ナツキです。

生年月日占いについてお話しています。

 

今回は、バースデーナンバー7の子ども時代について。

バースデーナンバーは、その人の子供の頃の性格傾向を表すと言われています。

 

子どもの本質をチェックしたい、子育て中のお母さんにバースデーナンバーは人気なんですよね。

そして、もう大人だという方には、自分の子ども時代を思い出したり、持って生まれた才能を再確認する良いツールになります。

一度、自分のナンバーをチェックしてみてくださいね。

 

バースデーナンバーの出し方は、生年月日の「日」の数字を1桁になるまで足す、という方法です。

1~9までの数字と11のぞろ目、計10通りですが、詳しくはこちらをご覧くださいね⇒バースデーナンバーで我が子の魅力再発見!大人にも知って欲しい理由とは

 

では、今回はバースデーナンバー7の子どもについて、特徴などをお話していきます。

一人遊びが好きな子ども

バースデーナンバー7のお子さんは、一人遊びが好きな子です。

一人で何かを黙々と作ったりする遊びが楽しい、というタイプ。

 

集団で何かをするのはキライではないですが、それほど得意ではありません。

皆で遊ぶよりは、一人の時間を大切にする子なので、お家で秘密基地のような一人の空間があると安心します。

自分好きで表情が乏しい

7番のお子さんは、自分が好きな子も多いです。

自分が好きというよりは、自己評価が高いといった方が良いかもしれません。

 

知識欲も旺盛なので、賢い子が多く、本人もそれを自覚している事が多いです。

冷静で、表情が豊かな方ではないので、あまり心情が見えてこないかもしれません。

 

でも、実は周りの子どもを幼稚だと感じたり、大人に対しても、バカだと思って見下している場合があります。

特に、周りの子どもと色々な場面で比較されたりすると、そういう傾向が強くなりますので注意しましょう。

 

それとは逆に、態度に出ていなくても、子どもらしく甘えたいという欲求はもちろんあります。

このタイプの子はアピール下手な子が多いので、時にはこちらから声をかけて、甘えさせてあげると良いですね。

好き嫌いが多い

また、何かにハマりやすく、好き嫌いが激しくなりやすいのもこのタイプの子の特徴です。

知識欲がすごくて吸収も早いので、好きなものが出来ると、マニアのように深く詳しくなります。

 

ただ、それだけに固執してしまう場合があるので、注意しましょう。

というのも、食事に関しても同じ姿勢の事が多いからです。

 

食べ物の好き嫌いも割とハッキリしていて、好きなものは食べ続けてしまう傾向にあるんですよね。

偏食になりがちなので、気をつけてあげてくださいね。

苦手ポイント&褒め褒めポイント

☆苦手ポイント!・・好き嫌いが多い

☆褒め褒めポイントはココ!・・褒める場合は、周りと比較するのはNG。突き詰めるタイプなので、何かに詳しい所を褒めてあげるのがオススメです。

 

今回は、バースデーナンバー7の子どもについてお話しました。

 

バースデーナンバー7の子ども時代を過ごした有名人の方には、羽生結弦さんがいます。

幼い頃、喘息に良いということでアイススケートを始めたそうですが、芯が強く負けず嫌いで、次々スピンやジャンプを習得していったのだそう。

そこから世界王者に辿り着くのですから、バースデーナンバー7の子どもが、幼少期に打ち込める物に出会うとこうなるのか~と、思わせるような活躍ぶりですよね。

バースデーナンバー7を持つ大人の人へ

バースデーナンバーは、子供の頃の性質だけではなく、持って生まれた才能とも考えられています。

ですので、バースデーナンバー7番の方は大人になっても、一つの事をトコトン突き詰めていく力を持っているんですよ。

 

今はそういった性質が表に出ていなかったり、意識せずに出来ている事なので、自分で気付いていないかもしれません。

ですが、自分には今回紹介したような性質が備わってると覚えておくと、きっとどこかで役に立つ時が来ますよ。

 

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました。

次回は、バースデーナンバー8番の子ども時代についてお話しますね。

↓  ↓

【生年月日占い】バースデーナンバー8の子どもは、負けず嫌いで頑固かも

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です