知床の海鮮とカムイワッカ湯の滝体験~網走監獄まで

こんにちは、奈月です。

夏の北海道長期滞在13日目。

 

北海道に来て思ったのは、北海道ってなんでも美味しいですよね~。

野菜も海鮮も、お肉だって美味しい!

味覚パラダイスです。

 

今日は、知床~網走ツアーです。

知床は、前回も行ったんですが、海鮮(特にウニ)の美味しさが忘れられず、前回と同じお店を目指します。

あと、絶対行きたかった「カムイワッカ湯の滝」にも立ち寄りたいな。。

 

網走では、前回行けなかった「網走監獄」を見学に行きます。

まずは、知床へ

知床って川湯温泉からは、意外と近いんですよね~。

お店がやっているであろう時間に合わせて、今日はゆっくり目にスタート。

 

朝は、シリアルで済ませて、知床へ向かいます。

 

向かうお店は、名前がわからないですが、さいはて市場のすぐ近く。

流氷船乗り場の手前、ということしか覚えていません。

また90kmくらいの道のり。。

 

途中オシンコシンの滝を横目に眺めながら向かうと・・・あった!

わからなくって一回通り過ぎちゃいました(汗)

CIMG8512

無事着くと、何やら暗い店内。

ん?暖簾出てたけどやっていないのか?

一瞬心配になりましたが、やっていました!

 

無事ありつけた海鮮丼vv

CIMG8518

思い出と違わぬ美味しさ(特にウニ)

臭みがなくって美味しいですねっ。

 

やっぱり知床はイクラも美味しかった☆

海鮮はやっぱりここだよね~vv

 

店内にはいっぱい芸能人のサインがあります。

 

お腹いっぱいになって、次に目指すのは「カムイワッカ湯の滝」です。

ここは、どーしても行きたかった場所の一つ。

お湯が川のように・・・というか滝になって流れてくる、無料の自然温泉

秘湯ってやつですね。

 

知床自然遺産の中に突入・・・すると早速、ヒグマの親子に会えました!
(ごめんなさい、見るのに夢中で写真がナイです。笑)

銃を持った人たちが、大声を出して森に帰している、という様な状況だったみたいですね。

 

なんか、すごいところに来ちゃった、と感動しました。

動物たちの領域に入ってきているのは、自分たちの方なんだという気持ちを新たに、滝を目指します。

 

CIMG8526

10kmほどこんな感じの舗装のない道を行きます。

本当にこっちか?って心配になっても道なりに行くと・・急にありましたっ。

 

CIMG8531

カムイワッカ湯の滝。

駐車場も20台くらい停めれそうな感じでありました。

 

トイレも簡易ですが、けっこう綺麗なのが設置されていましたよ。

ペーパーも備え付けでした。

 

沢登りって感じで100mほど登ったら、もう「一の滝」に到着。

CIMG8535

一の滝です。

 

かなりこの登りを心配していましたが、気をつければ大丈夫って範囲。

無茶しなければ、軽装で登れましたよ。

 

この日は、気温が低くて足に当たる水は、ほどよくぬるい感じでしたが、滝壺に浸かるには、ちょっと寒かったですね。(私は膝まで、旦那は泳いでみましたが、寒そうでした。)

 

もっと暖かい日だと良いかもしれませんが、20度無いくらいだと、お湯もさほど暖かくないので寒いと思います。でも、ここまで来た記念ですもんね~。

CIMG8537

泳ぐ旦那様・・。

 

ちなみに私たちがいる間、滝壺に入ろうという強者は、旦那様以外現れませんでした(笑)

「泳いでるよ~、寒そう」って言われたくらい。。

 

昔は、もっと上の滝壺まで行けて、そこは温度ももっと高いそうですが、今は一の滝までしか行けなくなっています。

落石が多くて危ないんですって。

 

まぁ、あるがままを楽しんできました。

滝はれっきとした温泉です。

 

怪我をしていたり皮膚の弱い方は、滲みて痛いですので注意!

(アトピーの旦那様は、痛がっていました。)

目に入っても痛いですよ~。

 

ここは、単体で楽しむより野生動物との出会いや自然を見たりするのをセットで楽しみに来ると良いかな。

 

私たちもちょっと物足りなかったので、この後「道の駅うとろシリエトク」とオシンコシンの滝に立ち寄っています(笑)

網走に行く前に寄り道

道の駅では、こけももソフトいただきました。

ほんと、北海道はソフトクリームだらけですね。。

CIMG8544

さっぱりしてて美味しかったです。

あんまり見ない2層式のソフトクリームv

 

オシンコシンの滝は、ちょど滝についたら光が差してきて、マイナスイオンをたっぷり浴びながら、滝の流れが輝く様子が見れましたよ~。

CIMG8551

癒されるーー。

さて、知床の自然を楽しんだので、今度は網走へ

網走の目的は、ただ1つ。

博物館網走監獄」を見ること。

 

網走といえば、蟹か監獄かしか思い浮かばない私(笑)

CIMG8567

監獄は、思っていたのとちょっと違いました。

 

監獄の建物内をずっと歩くのかと思っていたら、意外と外を歩く施設で。

橋・門・畑・味噌蔵など、監獄内を再現した広々した場所でびっくりです。

 

歴史館などもあり、当時の厳しい役務のビデオや戒具など生々しい展示物があります。

何より、あちこちに置かれたリアルな人形が怖いですね。

CIMG8587

※写真に写っているのは、すべて人形です。

 

じっくり回って1時間以上かかりました。

これだけを見に網走まで来たんですが、その甲斐はありましたよ。

 

かなり長い間歩いていたので、そろそろお腹も減ってきました。

迷ったんですが、川湯まで戻り晩ご飯にすることに。

川湯で晩御飯が定番になってきました

帰りも意外と網走―川湯間は、距離が短くてすぐに宿に戻ってきました。

今日は、気になっていた炉端や「遊遊」さんへ。

 

CIMG8607

炭火の炉がど真ん中に鎮座。

素敵な作りのお店です。

 

海鮮がとにかく美味しかった!

炭で焼くからか、絶妙なジューシーさを残したお魚が美味しいですね。

CIMG8615

 

雰囲気も最高でした。

あまりの快適さに日本酒突入。

 

サービスの牛乳豆腐がこれまた、チーズみたいでクセになる味v

タコザンギは、もう・・・美味しいでしょそりゃ。

 

また、川湯に来たらリピートしたい味とお店でした!

 

ほろ酔いで気持ちよく就寝。

明日の予定を立てるはずが・・・おやすみなさいっ

 

14日目はこちら⇒早朝の幻想的な摩周湖と、川湯温泉駅・道の駅摩周温泉の楽しみ方

 







1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です