【注意】占い師の本音「良い人現れる?」って相談は占っても迷うだけ

こんにちは、ナツキです。

 

占いを初めてやってみよう!という場合とか、どう質問して良いのか分からないときってありますよね。

そういう方によくありがちなのが、

良い結婚できますか?
成功しますか?

というような相談です。

 

ナツキ
うんうん。

良い結婚したいし、成功したいですよねっ

とっても気持ちは分かります!

 

ただ、この相談の仕方の場合、ちょっとした注意点があります。

「良い」ってどんなの?

「成功」ってどんな状態?

ってなってしまう事があるからです。

 

「良い」も「成功」も人によってどんなものかは、それぞれ違います。

そこがハッキリしてた方が、幸せを掴みやすくなりますよ!

自分の気持ちが明確な人が幸せになれる

とは言え、初めて会った謎の占い師に、

年収3千万以上のイケメンの彼と結婚して、一生働かず優雅に遊んで暮らせる「良い」結婚ができますか?

とか、具体的に相談できる人はそんなにいないはず(笑)

 

なので、

「良い結婚ができますか?」「成功しますか?」

という質問をするのが全部ダメってわけじゃないです。

 

占い師に具体的に告げなくても、自分の中で「良い」とか「成功」の形が明確なら、それでOK!

逆に、自分の中での「良い」状態とか「成功」が定まっていない場合は、ちょっとだけ注意。

ナツキ
そこが定まっていないと、占いの結果もあいまいなものが出てきてしまいます。

 

ですので、少なくとも

ナツキ
どんな人が良いんですか?

とか聞かれた時に、

こういう人がタイプなんです!

って言えるか、言えなかったとしてもそういう理想が思い浮かべられた方が良いです。

 

なぜなら、明確なビジョンを思い浮かべられない場合、それが叶う可能性は低い、と言えるからです。

これは、占うまでもなくのお話ですね。

事例でみる、ビジョンが明確な人の占い

明確なビジョンがあるとどう良いの?って興味がある人の為にも、ここで一つ事例を紹介します。

以前、対面で鑑定した相談者さまで、めちゃくちゃ見た目が可愛いくて楚々とした感じの女性がみえました。

 

仮に、Aさまと呼ばせていただきますが、

今、お誘いをしてくれる男性と付き合うと、良いお付き合いができますか?

というご相談でした。

ナツキ
良い付き合いってどんなだろう?

って思いながら、どんなお付き合いになるか占ってみました。

 

結果を簡潔に書くと、

・頼りがいのある彼で、どちらかというと主導権を握りたいタイプ。

・お付き合いをすると、最初はそうじゃなかったとしてもその内、彼が引っ張っていってくれるような関係になる。

・大事にはしてくれるけど、バリバリ働くし社交的なので、仕事や友人を優先する事があるかも。

という結果でした。

頼りがいがあって良いお相手だと思うのですが、Aさまは浮かない顔。

 

うーん・・・他に出会いはありますか?

と聞かれたので、さらに占うと。

・次の出会いは割とすぐにやってくる

・その人は見た目はそんなにだし、はっきり言ってちょっと頼りない人。

・でも、とても優しくて、言うことを「はいはい」って聞いてくれるので、Aさまが主導権を握っていく

という結果に。

 

すると、彼女の顔がぱっと明るくなって、

先生、まさに私の理想のタイプです!!
ナツキ
えーー?!そういう人が良かったの?

驚きのあまり、思わず口に出してしまいました(笑)

 

なんでも、Aさま曰く、

「ちょっと残念顔」が好きだし、自分のわがままを聞いてくれる男性が良い!

って思っていたそうです。

今アプローチをかけてくれる人は、ワイルド系で仕事もできる会社で人気の先輩。

嫌いじゃないけどタイプじゃなくて、どうしよっかな?って悩んでいたそうです。

 

その後、ご報告にいらしてくださったAさま。

結局、先輩のアプローチは断って過ごしていたら、会社の新人クンでまさに理想ぴったりの彼が現れたそうですよ^^

 

呼んだら、夜でもすぐ飛んできてくれるような彼じゃないと無理ですね

って、可愛い口からサラリと言われた時には、正直ちょっとビビりましたが…。

でもそれだけ彼女の中で、「良いお付き合い」のビジョンは明確だったんだろうなって思った鑑定でした。

気持ちが定まればチャンスを逃さない

という事で、実際に私がびっくりしたAさまの事例を紹介しました。

 

明確なビジョンを持っていると、そこに向けての行動もしやすくなるので、占いの結果を活かしやすいですし、自分の希望を叶えやすいとも言えます。

 

逆に、本人のビジョンが定まっていないと、占ったとしても、

結局、私にとってそれって良いことなの?

って、迷ってしまう可能性があります。

 

Aさまの事例でも、もし本人が明確なビジョンを持っていなかったとしたら、どちらが良いのかな?って迷って行動できず、自分に合った相手を逃してしまっていたかもしれません。

 

ですので、

良い結婚ができますか?
成功しますか?

というような相談は、理想のビジョンがハッキリしてない場合、注意が必要と言えるんです。

明確なビジョンがないと占っちゃダメ?

最後に、ちょびっとだけ補足しますと。

ここまで、「良い」とか「成功」ってどんな状態?という明確なビジョンがないと注意!と言ってきましたが。

明確なビジョンがないから悩んでいるんですけど…

って方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな場合、占いに行っちゃダメかというと、

ダメってことはありません!

ナツキ
むしろ、そういう時にこそ使える占いもあります

 

自分がどんな性格なのかとかを知る占いであれば、自分にとって「良い」状態を知る事が出来る場合もあります。

また、たくさん話すことで、気持ちや悩みが整理されて、ビジョンが明確になってくることもあります。

 

そういう場合は、

「良い結婚ができますか?」「成功しますか?」

と、ビジョンのないまま相談するよりも

どういう相手が向いていますか?
どういう分野が向いていますか?

という方向で相談すると、自分の求めている答えが出やすいです。

 

そこから、自分の気持ちやビジョンをハッキリさせていって、幸せを掴んでいけば良いんです。

占いはそうやって上手に活用する人には、便利なツールですから。

どんどん活用していってくださいね。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です