人を幸せにする占い師、ナツキのプロフィール

はじめて付き合った彼に

さんざん尽くした彼に

最後にもらったメールは

 

「別れよ」

 

たった一行でした・・・私は黙って彼の指示に従いました。

黙って従ったのは、私が超ネガティブ思考だったからです。

 

はじめまして、ナツキです。

今では超ポジティブですが、昔は、考えられないくらいネガティブ思考でした。

そんな私のプロフィールを洗いざらい書いてます。

良かったら読んでくださいね!

高校生までは楽天的な子供でした

小学生の時は、いじめられたりしてましたが、あまり気にしていなかった気がします。

特に高学年になってからは、部活、塾や習い事が毎日あって、忙しかった記憶しかないなぁ。

 

多分、習い事などで学校とは違うコミュニティがあったから、学校が人生の全てではないと思えてたからだと思います。

クラスの女子全員にシカトされてても気にせず、割と普通に過ごしてましたね。

目立ちたがりでクラス委員も何度か立候補してました(笑)

 

中学生になると、大人しい女子グループの隅にいるようにしてましたが、兄が同時期に同じ中学にいたので男子から一目置かれてて、かなり楽でしたね。

いじめとかも中学生時代はなく、優等生で過ごしてました。

この頃から、目立つことにメリットを感じなくなってきて、平穏に過ごしたいなーとか考えるようになってきます。

高校は進学校だったので、賢い子たちが周りにいっぱいいて、すごく面白かった!

ちなみに人生のピークにポッチャリしてたから、やっぱり地味目のグループに入れてもらってました。仲間内で楽しく過ごしてましたね。

皆穏やかな性格で、その中でも輪をかけておっとりしてるとよく言われてました。

目立つのがむしろ嫌い、目立ってる女子が怖いって思うようになってました。

 

大学は、高校の知り合いが2人しかいないってところに行きました。

大学でできた新しい友達が、メチャ大学で目立ってたので、大学祭の実行委員とか一緒にやって、かなりエンジョイした大学生活をスタートさせました!

楽天的でおっとりなのは変わらず、目立つグループの中で隅っこ位置をキープ(笑)

 

ここまでずっと流れに任せてかなり楽天的にノーテンキに過ごしてたのに、大学2年くらいに俺様系?彼氏ができることで、性格は一変します。

彼氏ができて、いきなり超ネガティブ人間に急降下

それまで恋愛に(というか男に)興味がなかったため、私にとってかなり事件な出来事でした。

恋愛ごとに疎かったせいもあって、「付き合う」ということがどういう感じなのか分からず、付き合いだした気がします。

そのせいか、元はそうでもなかったのに、彼氏に上から指示されるようになり、私の性格は変わっていきました・・・

 

事あるごとに、お前がもっと良い女になれ的な発言されて、急に自分をダメ人間だと思い込み始めます。。(多分、彼氏もびっくりしたことでしょう)

今思えば笑っちゃうくらい、すごーく後ろ向きに、臆病になっていきましたね。

 

例えば、

・デートに行くと服装にダメ出しされるのは当たり前。

・待ち合わせの時間に彼氏が来るかどうかは当日になってみないとわからない。(ある時は、5時間待ったこともありました・・・)

・冷たく当たられて泣いたりしようもんなら、キレられる。

・足に使われるのは当然。

などなど、まぁ昔の記憶って往々にして美化されるので、このくらいしか思い出せませんが。

 

いつもビクビクしながらお付き合いしてたなーって、今振り返ると思いますね。

ダメな私と付き合ってくれるのはこの人しかいない!

この人と結婚しなければ!

なーんて思い込んでました。

で、まぁそんな状態で3年ほどお付き合いして別れるわけです。

別れるのも彼氏からメールで一方的に別れを告げられる始末。

 

3年付き合って最後にもらったメールは

「別れよ」

たった一言でしたが、私は黙って彼の指示に従いました。

ダメな自分を卒業しないと!

彼氏と別れた頃、私は既に社会人で地元の企業に就職していました。

彼と結婚するつもりだったのに・・こんな田舎で、この先また良い人にどうしたら会えるのか・・・

 

途方にくれました。

 

そもそも、もし良い人に会えたとしても、なんとかしてダメな自分を卒業しないと!と焦ります。

焦っても焦るだけで何もやってないので、何かが変わる訳もなく、そうこうするうちに仕事もうまくいかなくなり、ついに辞めてしまいます。

 

「このままでは一生、良い人に出会えないのでは?」

そう思った時、自分を変える方法、良い人に出会える方法を真剣に考え始めました。

 

まず「自分を変えることが先決」とは思うものの、どうやって変えれば良いのか、その方法すら私には分かりませんでした・・・

そんな時に大好きな小説を買いに本屋へ行った時のこと。

私は読書が好きなので、頻繁に本屋に行ってたんですが、その時初めて自己啓発の本のコーナーがあるのに気づくんです。

もちろん、今までだってそういう本があるのは知っていましたが、買おうと思ったこともなかったので、よく見たり立ち止まって本をめくってみたりしたこともありませんでした。

加えて、それまでは自己啓発本を買うなんて恥ずかしいって思ってましたし。

 

その書店では、たくさんの種類の本が置いてあって、そのことで「悩んでる人多いんだー」って勇気づけられて2冊ほど購入しました!(でもやっぱり恥ずかしかったので、ごまかすために小説も一緒に買ったのはいい思い出です。)

 

まぁ、本にはいろいろ書いてありますが、要するに

「自分をまず好きになりなさい」

ということが書いてあって、私はハッとするわけです。

そもそも、自分はダメな人間って思い込んでたけど、そう思い始めてから色々上手くいかないんじゃないかと!

彼氏にはフラれる、仕事は辞めると散々なわけですし。

 

私は単純なので本を読んで、「確かに。自分が好きになれない自分を他人に好きになってもらおうなんて厚かましくないか?」という気もしてきました。

この本に光明を見出した私は、とにかく本に書いてあることを実践して愚直に自分を好きになっていくわけです。

必死に自分を好きになったら、逆に心に余裕が出来た

毎日寝る前に本を読んで、自分がいかに素晴らしいかを声に出して自分に言い聞かせる・・

はっきり言って、もう恥ずかしいとか自分を本当に好きかとか考える余裕はありません。

 

とにかく実践あるのみです!

それぐらい自分を変えたかったんです!!

 

この本を読んでホント良かったな~って思うところは、心がけ一つで実践できちゃうところですよね。

準備もお金(本代以外)も使わず、ただ自分を好きになるだけなんで。

 

しばらくすると、次々友達が合コンやら紹介やらしてくれるし、色んな人に会う機会も増えて来ました。

仕事も決まって心に余裕ができて、遂に今の旦那様と出会います。

当時はサラリーマンだった旦那ですが、付き合っている頃、二人共ハワイが好きだという話をした時に、彼はいつかはサラリーマンをやめて自由な生活をするという夢を語ってくれました。

夫婦で、世界中を旅行するのが夢だと語ってくれました。

素敵な夢に共感を覚えましたし、私も同じような夢を抱くようになりました。

ポジティブ思考で夢を実現しています(現在進行形)

その後結婚して、しばらくは会社勤めをしていた旦那が夢の実現の為、本当にサラリーマンを辞めることになります。

 

多くの人が、夢と現実とは違うと言いますけど。

普通旦那が会社を辞めて独立するって言い出したら、「生活はどうなるの?二人なら良いけど、子供が生まれたらやっていけるの?」って心配しますよね?

実際、私の親はすごーく心配してましたし、もちろん、すぐうまくいった訳ではないです。

 

仕事部屋で倒れ伏している旦那を見て、生きているか心配した時もあります。

急に床に突っ伏して動かなくなり、その後泣き始めたんです。驚きますよね?

 

でも、私から出た言葉は

「死ぬわけじゃないし、なんとかなるよ」

 

その頃の私は、常にポジティブでした。

ちょっとのことでは動じなくなってたんですね。

ちょうど同じ頃、私はすごく子供が欲しくて、でも旦那は仕事に集中したい時期で・・というすれ違いもありました。

正直、なぜこの人は自分の夢に関しては達成させたいと思うのに、私の夢は叶えようとしてくれないんだろう?って想いがよぎった事もあります。

 

でも、彼が頑張ってるのは、「自分」の夢を叶える為ではなく、「私たち」の夢を叶える為です。

そんな風に考えることができるようになるまでに、私は前向きに成長してました。

なので、私は「子供はできれば良いなぁ」ぐらいに気楽に思うようになりました。

 

旦那は、倒れ伏してたのが嘘のように今、自分の好きなことを仕事にして、とても楽しく充実した毎日を送っていますし、そんな彼を見て私も幸せに思います。

まだまだ、すごく贅沢な生活とまでは行きませんが、夫婦二人で自由に暮らして、気が向いたら旅に出てという生活を送れるようになりました。

 

今もうちにはまだ子供がいませんが、子供ができたら、きっと彼は私と一緒に喜んでくれると思います。

ずっと二人だったとしても、今よりももっと私と一緒にいろんな場所へ旅行に行って、楽しませてくれると思います。

 

こんなふうに思える自分が本当に好きです(笑)

時間が同じだけ過ぎるなら、ハッピーに過ごす方が得じゃない?

振り返ってみると、「私はダメなんだ・・」って思ってた自分は、なんてもったいない時間を過ごしたんだろう?って今になってほんとに思います。

昔の私だったら、例え占いで良いことを言われても「本当にそうなのかな?」って疑って言葉通り受け取れなかったと思います。

 

今では、元彼が悪いわけじゃなく、自分の思考パターンが悪かったんだとはっきり言えます。

むしろ元彼は、私にそう気づかせる為に別れてくれたのかもしれない、とも思います。

そうじゃなかったとしても、元彼のおかげで私は、良い本に出会って、良い旦那様に出会えたので、今では感謝しかありません。

結婚してから、周りの友達には「本当に幸せそう」とよく言われます。

もしもあの時、元カレが別れを切り出さずズルズルと付き合って、仮に結婚したとしたら・・私はずっと「ダメな人間なんだ」と思いながら過ごし、夫婦間で問題が起こっても全て自分のせいだと思って辛くなったと思います。

そうして、友達と会う時に自分を卑下するような言葉を言ったり、旦那の悪口を言い合ったりしていたもしれませんね。

そんな私だったとしたら「本当に幸せそう」と言ってもらえたでしょうか?

 

私の友達には「どうして旦那さんと結婚したの?」と聞くと、過去の私と同じように、「自分なんて夫が結婚してくれなかったら他にいなかった」と言う子が何人もいます。

「私ダメなんだよねー」って口癖のように言う友達もいます。

 

直接「素敵だよ」と言っても、彼女達はなかなか素直に受け入れてくれません。

子供もいて、家も買って順風満帆に見えていますし、本人も幸せなのかもしれません。

幸せは、あくまで主観的な感覚だし、押し付けるものではないでしょうし。

 

でも、いつも彼女たちの話を聞きながら私はモヤモヤしています。

ネガティブ思考の彼女達を見ると昔の自分を見ているようで・・・辛いです。

それに、昔の自分と同じような思いをしている人は、意外といるんだなーと感じます。

 

そんな友達に、幸せ脳になる為のヒントを少しでも伝えられたらと思い、占いという手法でアプローチし始めたのが、今の仕事を始めたきっかけでした。

私がただの占い師と名乗らない理由

私は自分の事をあえて、”人を幸せにする占い師”と名乗るのにはもちろん意味があります

ただの”占い師”と名乗らないのには理由があります。

占いだけでは不十分だと思ってるからです。

 

たしかに、占いをして、あなたの運勢はこうですよ、こうですよ・・・って言うだけなら簡単です。

そうやって、占いをしてその結果をそのまま伝えるだけのお仕事が「占い師」であるなら、私はそれは違うんじゃない?と思っているからです。

 

同じ占い結果でもAさんとBさんでは必ず受け取り方が違います。

自分に自信があるAさんは占いで良い結果が得られたなら、自信のあるAさんのことです、そのまま、幸せに突き進むかもしれないけど

自分に自信の無いBさんだったらどうでしょう?まるで昔の私です、よく分かります。

何かにぶち当たるたびに不安になって選択に迷って、また占いに頼って・・・・って、結局、迷ってばかりの人生になるかもしれません

 

どういう人が結果を受け取るかで、占いの結果もガラリと変わってしまうんです。

なのに、あなたの運勢は○○だから・・・・ということにどれだけの意味があると言うのでしょうか?

 

幸せになる下地がある人は、良い占い結果が出れば相乗効果で、どんどん幸せになっていくと思うけど

昔の私のように、幸せになる下地が無ければ、良い占い結果が出ても、打ち消し合っちゃって、効果が少なくなるんです。

 

例えるなら

包丁、ありますよね、幸せになる下地がある人が使えば、美味しい料理を作る便利な道具になり、たくさんの笑顔を作ることが出来ます。

でも、幸せになる下地が無い人ならどうなりますか?

もしかしたら、自分や他人を傷つける道具になってしまうかもしれません。

包丁自体に良いも悪いも無いのに、使う人の考え方次第で極端に結果が変わってしまうのです。

 

薬も同じです、正しく使えば人を癒やしますが間違って使えば人を壊すことは簡単です。

言葉もそう、なんでもそうなんです

物事には良い悪いは無く、使う人の心次第で結果はガラリと変わるんです。

 

占いもそれと同じです

同じ占い結果でも、受け取る人によって、全く結果が違ってしまうんです、だから占いは万能ではないと私は思うんです。

”幸せの下地”があってこそ占いは活きてくるんです。

そして、幸せの下地作りには

「私は幸せになる」

と強く強く思い込まなければいけません

私が元彼の洗脳から脱した時もそうでした

根拠もないし

羞恥心もありません。

ただただ、そう思いこむだけです。

本当に必死でした、でも、それをやりさえすればきっと私は幸せになれると思っていたので必死になれたのです。

 

つらい時期ではありましたが今になって思えば、元カレに感謝の気持ちすらあります。

だって、元カレの洗脳のおかげで私は幸せの下地が出来て、今は理想の相手と夫婦になれたわけです。

本当に、あの経験があって良かったと、今になって思います。

 

1つ覚えていただきたいのは

つらい経験を乗り越えた時、それは時間が経った時に

あの時があったから今がある

あの時のつらい経験があったから今の幸せがある

って思える日が必ず来るということです。

そして、その時にはじめて

過去が肯定されるんです

辛かった、忘れたかった過去が肯定され、人生で必要な経験に変わるんです

このサイトでは、昔の私に今の私が言ってあげたいことを中心に記事を書いていきます。

別に自分の価値観を押し付けるつもりはありません。

幸せのカタチはひとそれぞれですしね。

 

でも、もし、昔の私のように、自分の事がダメだと思い込んでいる人がいて、その思考ゆえに苦しんでいるとしたら、同じ境遇の仲間として、言葉をかけてあげられたらと思い情報を発信していきます。

 

ダメな自分と思い込みながら生きるのも

素敵な自分と思い込みながら生きるのも

 

同じ人生じゃないですか?

だったら、「ダメな自分」を信じ込むより「素敵な自分」を好きになる方が、面白い未来が待ってるよ!

 

幸せの下地作りに、まずはこのメルマガから読んでみてください

90日間で幸せになれるナツキの無料メルマガ

私が超ネガティブ人間から、超ポジティブ人間になった時に実践してたことを中心にお届けしています。

購読無料です、お気軽にどうぞ。

 

ほんの一部ですが読者様から頂いたお手紙をご紹介します

はじめまして。Tです。

私は小学生の頃、母が「夢は言葉にすると叶う。お母さんは、絶対に家を建てたいと思っていたから、家が建った。」と話してくれた事が、きっかけとなり、なんとなくてはありますが、引き寄せの法則というものを信じていたように思います。そして、私の人生の中で何度もそれを証明する出来事がありました。

小学生の頃、友達にいじめられていた時「例えいじめられてもこの1学期が終わったら、いじめは終わる」と信じて疑いませんでした。確かに1月期が終わるといじめは終わりましたが、何度もいじめられて、その学期が終わると仲直りするという事を繰り返していました。

社会人になって俺様的な男性がタイプだと言い続けていたら、まさに理想通りの男性とお付き合いする事になりました。でも自分があれほどタイプだと思っていた俺様と付き合うのは、ほとほと疲れて、5年後に別れる事になりました。

でも、私は決して人より早くはないけど、遅すぎない年齢で幸せな結婚すると信じて疑いませんでした(笑)別れたのは30歳目前でしたが、その後、俺様とは全く違うタイプの男性と出会い、32歳で結婚し幸せに暮らしています。

まさに、結婚するのに早い年齢ではないけれど、遅すぎる事もない年齢です。私自身が強く願ったわけではありませんが、根拠なく信じて疑わなかった事が、そのまま私の人生に現れています。

そして今は、成り行きではありますが資格試験にチャレンジしようと勉強をしています。それは今思えば、高校生の頃に呟いた私がしたい仕事に繋がっていると思い出しました。

社会人になり、引き寄せの本もたくさん読んで、私は引き寄せ上手だと思っています。でも、いい事もよくない事も引き寄せています。もっと自分の思考をコントロールできたらなと思います。

そして自分に自信が無くて、自分の事が大嫌いだった私ですが、気付けば「私って凄いかも???」って裏付けのない自信ができてきている自分に気づきました(笑)

ナツキさん、これからどうぞよろしくお願い致します。

ナツキさん

初めまして。Sといいます。

幸せになる下地作りって言葉、素敵ですね!

ざっくり自己紹介させていただきますと、

私は今年35歳になり妻(10歳年上)と二人で生活しています。

仕事は共に会社員です。

現在、会社員を辞め独立する目標に向かって絶賛取り組み中ですが

今ひとつうまくいっていません。

結果が出ない自分に苛立ち、自分に出来るのか?

このまま諦めたほうが楽なのかと自問自答を繰り返しています。

妻にも独立の目標を伝えていますし、

反対はしていません。

私たちには子供がいませんし、

妻に持病があり今後も授かる事はありません。

これは結婚前からわかっていた事なので、

特に絶望感や他人へのうらやましい気持ちは

ないのですが、その分二人で幸せに生きていきたいと思っています。

その中で、まず自分としてもサラリーマンではなく

自分で稼ぐ力を身に付けたいと考えています。

今回のナツキさんのメルマガが正直、自分の目標に

リンクするかはわかりませんが、違う角度から自分の

生き方や考え方に刺激がもらえたらと思い登録させていただきました。

引き続きよろしくお願いします。

ナツキさん

メルマガをありがとうございました。

大阪在住のWと申します。

課題をコツコツこなす ことが超苦手な私なのですが、

できることだけでもやってみようと、

メールを書き始めました。

グレイヘア ってご存知でしょうか?

白髪 ってことなんです。白髪染めをしない人の事です。

私は40代半ばで、白髪染めが出来なくなりました。

ひどいかぶれと化粧品(化学物質)アレルギーのために、

染めることができなくなりました。

その頃はグレイヘア という言葉もなく、白髪=お婆さんでしかなかった。

今でこそ、白髪を染めない人が増えつつあるのですが、

当時は70代以上の正にお婆さんしか、白髪の人はいなかったのです。

白髪になってしまった私は、恥ずかしくて、誰にも会いたくなくて、

引きこもりに近い生活に・・・

今思うと、鬱に近かったとおもいます。

しかし、ブログなどで、白髪でも明るく発信している

全国の仲間に出会い、徐々に私も白髪をポジティブに

考えられるようになりました。

そして、沢山の仲間との出会いや、協力のお陰で

現在は グレイヘア大阪 というコミュニティを運営するまでになりました。

ナツキさんのメルマガにもありましたね。

“本当に、あの経験があって良かったと、今になって思います。

1つ覚えていただきたいのは

つらい経験を乗り越えた時

それは時間が経った時に

あの時があったから今がある

あの時のつらい経験があったから今の幸せがある

って思える日が必ず来るということです。

そして、その時にはじめて

過去が肯定されるんです

辛かった、忘れたかった過去が肯定され

人生で必要な経験に変わるんです”

私も正に同じなんです。

若くして不本意ながら白髪染めができなくなった

その経験は辛くて堪え難いものだったけど、

お陰で、他人の価値観にとらわれない自分になれたんです。

ナツキさんのメルマガを読んで、

課題をやってみたくなりました。

まとまりのない長文ですが、

とりあえず送ります。

次回も楽しみにしています。

ナツキさん

お世話になります、Nです。
先ず、一昨日から始めた聖なる嘘は今できている分を朝晩アファメーションしています。

さて、今回のテーマは「自分の幸せだけを考える」とのこと。
タイトルを見た時て一瞬「ん?」と思い、少しどういうことなのか考えてみました。
結果、成功する順番として、先ずは自分だけの幸せを考えることがいいのかな、と思いました。
というのも、自分が幸せだと感じる事が出来ていない人が、自分以外の人を幸せにはできないからです。そう考えました。

自分で考えた後、ナツキさんのコメントを進めてみると、やっぱりそのとおりでした。

幸い現時点で僕は幸せです。
家族に恵まれ、仕事に恵まれ、毎日が楽しいです。
ただし、自分が望むレベルで幸せかと問われればそうではありません。
なぜなら経済的、時間的な自由が制御されているからです。

真に幸せを感じる事が出来るとすれば、この制御がなくなった時です。
そのために今を頑張って、もっともっと自分と自分の大切な人達が喜ぶ人生にしたいと考えています。

大切なのは選択と集中とのこと。

特に集中に関して、これに本当にエネルギーを注がなければ(やるべきことにしっかり取り組まなければ)、望む未来を手に入れることは困難だと考えています。
なぜなら、現在の延長線上に自分の真に望む未来はないからです。

一先ず、この3ヶ月は真に自分が望む未来に向かって、「自分の幸せだけ」を考えて、日々、実践・行動していきます。

今回は以上です、よろしくお願いします。

ナツキさん、はじめまして

Yと申します

実を言うと、ちょうど「自分には社会人として仕事をすることは無理なんじゃないか」と思い詰めていたところだったので、ドキッとしました。

育休から戻ると、
自分の仕事がなくなっていました。

私はいわゆる老人ホームの経理をしています。
私の育休中に入職して経理をして下さっていたYさんが、そのまま継続で経理を続けることになりました。
なので週4勤務のうち、週3医務室にヘルプという形で行くことになりました。週1だけ経理です。

1ヶ月は気持ちの整理がつきませんでした。
でも本当にイヤなことばかりだったか?と考えると「人間関係が広がった」「利用者さんのことや現場の職員さんたちのことを知れた」と思い至り、しばらくがんばってみることにしました。

一番つらいことは?

とはいえ、やっぱり異例の事態。
現場のいろんな方から「事務所にも医務にもいるの?!」「大変だなぁ、がんばって」と声をかけていただくことが増えました。

正直、いっそ医務室に異動のほうが良かった。
中途半端に経理にいるので、余計につらいのです。私は事務所内でお局様に目の敵にされており、育休前から当たりの強い状態が続いています。対照的にYさんとはお局様もにこやかに話しています。上司も育休復帰後から当たりがきつく感じるので、おそらく事務所から出ててほしいのだろうなと感じています。
私から見てもYさんは人柄もすごくいい方で。仕事出来る方です。なので事務所内の雰囲気が良くなるし、そのまま経理メインになっていただければいいなと思います。
反面。週1とはいえ、前に自分がやっていた仕事を、Yさんがやっているのが見えてしまうのです。それがどうにもこたえています。

そして医務室でも事務所でも、本当の気持ちはずっと言えないまま。気持ちの置き場がなくて途方にくれていました。

で、冒頭に戻る(笑)

でも、それが今の学びなんだな。
きっと学びきったら、どういう形であれだけ大丈夫になるんだな。

と思っています。
でもまぁ正直こたえています。
それでも、メルマガ拝見して
「今、私飲まれているな」と思い直しました。
いかんいかん!

踏み留めていただいて、ありがとうございました。
次このお話をご報告する時は、いい話にできるよう精進したいと思います^_^

ナツキさん、はじめまして

Hです。

ポジティブに食を断つと健康になる の返信です。

 

課題1

同じ状況でも捉え方で結果がガラッと変わってしまうもの1つ例を考えてみてください

これ悩んだんですけど、結構いろんな場面であるあるかもしれないです。

今週末、子供の運動会なんですが、

ポジティブな面

・子供の競技での頑張りが見られる

・お友達とどんな風にすごしているのか見られる

ネガティブな面

・お弁当作りがめんどくさい

・親子競技が苦手

・苦手なママさんと顔をあわすのが億劫

ネガティブの意見の方が多くなってましたね!!

楽しみにしてるかと思いきや、意外。

これだから子供に伝わっているのかなあ???

私の子供も心配性というか、いつも不安そうにしている雰囲気があります。

 

課題2

Hさんはどんな状況でも上を向いて星を見る人でありたいですか?

それとも下を向いて泥を見つめるだけの人でありたいですか?

過去の自分と比べると、今は上を向いている人だと思っています。

会社員時代なんて、不安だから働く、の選択しかありませんでした。

いつも不安を抱えて仕事をしていた気もします。

会社員を辞めた今の方が断然不安定な働き方ですが、なんとかなる気がしています。

伸びしろはまだまだあると思ってます。

そう思うと心が自由です。

早く夫もこちらの世界に連れてきたいけど、本人がそう思っていないということは、今はその時期じゃないのかな?

いつか、夫婦で同じように思える日が来るのを待っています。

ナツキ様

メルマガを拝見しました☆
いつも優しい口調で教え諭してくださりありがとうございます。

今回の内容で一つ疑問が湧いたので教えて頂いてもよろしいでしょうか?

価値提供が最初は利己的でも構わないとのことですが、自分が何かしたことを「外に向かって発表すること」はどうなのでしょうか?

僕は定期的に献血をしているのですが、その回数が増えると嬉しくなって「○回突破!」みたいな投稿をSNSにしてしまいます。

しかし一方では「こんな投稿したらいい人アピールだと思われるだろうな…」と抵抗も感じます。

 

以前、いわゆる「成功者」と呼ばれる人のセミナーに参加した際、

「いい事をしても黙っておくこと。黙っているから陰徳というのです。話したら徳はなくなります」的なことを言われ、それが引っかかっています。

献血みたいに、「みんなで協力してやる善行」の場合、積極的にアピールしても、それが誰か他の人がやるきっかけになることもあるから悪いことはないんじゃないかと思うのです。

僕も投稿するのは楽しいし、いい人だと思ってもらうのも嬉しい(笑)

ナツキさんはこうしたことについてどのようにお考えになりますか?

よろしければ教えてください。

ナツキ様

お世話になります。

メルマガ読者のKといいます。

前回と今回のメルマガの内容とても為になったような気がします。

確かに行動する前に色々考えてしまうと行動が鈍化するか行動しなくなります。

頭ではわかっているのですが行動しなくなったり、もしくはめんどくさくなって行動しなくなります。とても不思議です。

色々考えてしまうとできない理由やこれをやって失敗したらどうしよう
責任を取らなくては‥などなど・・思考はネガティブになります。

そうではなく、こうやったらどうだろう、こうなったらできそうだとかポジティブに考えるとのが大切だと思い最近は無理やりでもそう思うようにしています。

そうすればいずれ変わってくるかと思います!!

では失礼いたします。

こんにちは Kと言います。

いつもメルマガをいただいている者です。いつもありがとうございます。

メルマガ15の課題消化というわけではありませんが、18通目までいただいて思い出したことをお話したくなりました。

私はまだ20歳くらいでフランス料理の店で働いていたときの出来事です。

2ヶ月に一度くらいの頻度でお見えになる30代くらいのお客様で、いつもカップルでお見えになりました。

コース料理ですので、オードブルをだします。お皿をさげます。スープをだします。お皿をさげます。

それが食後のコーヒーまで続きます。途中ワインもついだりします。

そのたびにこっち見て「どうもありがとう」と言うんです。

感動しました。20歳のガキには衝撃的な感動です。

この人は彼女さんを絶対幸せにするだろうな、人を幸せにするってこういうことなんだろうなと思いました。

もちろん自分も実践しております。

メールを読ませていただいて、この出来事を思い出して、「おれに関わった全ての人間、全員幸せ!」って昔思ってた気持ち思い出してしまいました。

すいません長々と。

失礼いたしました。

ナツキさんとヤニックさんがいつまでも健康でありますように。

それでは。

はじめまして。

昨年15年ぶりくらいにハワイに行くのロングステイをユーチューブで勉強させてもらいました。

おかげさまで年末と今年3月に2週間ずつですが個人手配でのんびり滞在することができました。

ヤニックさんにはラインにてお礼を申し上げました。

暦としては1年ほど視聴者としてお世話になっており♪ユーチューブ勉強させてもらったご縁でヤニックさんのメルマガ登録をさせていただき奈月さんのメルマガも最近拝見してます。

ロム専だった私が今回メールしたのは、以前心のエネルギー漏れの話題があった時、あのお話は非常に秀逸で感銘を受けたからでした。

 

普段からネガティブマインドには前向きに対処して心がけてますが、日々の中で忘れがちな場面も多くて。

そんな中で改めてあのメールを拝読して目から鱗がとれたようにやっぱりこれだ!と感銘を受けたことをお伝えしたくてメールさせていだきました。

他にユーチューブにて感銘を受けたことがあります。

カイルアでヤニックさんの口から堀川という言葉が出てきた時です笑

遠いカイルアで近所の堀川というワードがボソッと出てきた時は、おー!と嬉しくなりました笑

とにかくご夫妻にはハワイやメルマガでとても感銘や知識をいただき本当に感謝しております。

今後の益々のご活躍を楽しみにしております。

 







1 個のコメント

  • ポジティブ思考トレーニング1.5-あなたの夢は?- にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です