結婚前の貯金はそのままへそくりにすべし!本物のイイ女の条件

こんにちは、ナツキです!

 

独身の女の子(特に結婚が近い子)に絶対聞かれる質問が、「夫婦の間でお金ってどうしてる?」です。

まぁ、気になるのはとてもよく分かります。

 

これは夫婦によってそれぞれだと思うんですが、うちは「夫婦のお金」として収入は一括管理です。

で、それぞれお小遣い制になってます。

 

毎月、旦那様と一緒に家計簿をパソコンでつけていますよ。

収入の上昇具合とかも一目で分かるので、毎月の家計簿付けは、モチベーションになってます!

 

で、結婚前に大切に貯めていたお金は・・へそくりにするのが本物のイイ女だと思います。

秘密の口座は、夫婦それぞれありますv

さて我が家の場合に話を戻しますと、我が家では収入は一括管理です。

そこからそれぞれのお小遣いを出すわけなんですけど。

 

お小遣い制って言うと、「それぞれのお小遣いが足りなくなったらどうするの?」ってのもよく聞かれるんですが。

うちは足りない分は、それぞれ自分の貯金から出していますよ。

 

つまり、夫婦それぞれにへそくりがある状態です。

母と先人の教え

私は、高校生ぐらいの時から母に、「女は結婚する時もちゃんと自分のお金は持っていなくては駄目」と言われ続けていました。

 

「内助の功」で戦国時代の武将、山内一豊を助けたとされる、妻の見性院(千代、まつ)の話を母はよく引き合いに出していました。

昔はこの話、教科書にも載っていたそうですね~。

 

いざという時、夫婦の将来の為に動かせるお金を、女性も持っているのが重要だと母は言っていました。

母の教えに従って、ちゃんと結婚前に貯めた貯金は、今でも大事にしていますし、個人的に投資に回したりもしています。

結婚前の貯金額、旦那様には知らせてないの・・

旦那様は私のへそくりについて、あるのは知っていますが、どのくらいのお金を持っているのかは、今でも知りません。

母は、本当はへそくりがあるのも内緒にすべきと主張してましたけどね。

 

理由は主に2つ

1、お金を妻が持っていると知ると、夫がそのお金をいざという時頼りにしてしまう。

2、夫の貯金額よりかなり多かった場合に、夫のプライドを傷つける可能性がある。

 

良い女は、そんなちっちゃい男選ばないよ!って私的には思ってますが(笑)

kane

まぁ、お金の力は大きいですから、ね。

内緒に出来るなら、それに越した事はないと思います。

最後に

独身の女子に結婚後のお金の質問をされた時に、私は必ずこのへそくりシステムを推奨しています。

「いくらくらい必要ですか?」と聞かれたら「可能な限り多く」と答えます。

もしくは、「自分が安心できるだけ」ですね。

 

ただ、この質問をしてくる女性は、経済観念がしっかりしている場合が多いので、「安心できるだけ」と言うと、「じゃあ、可能な限り貯めておきます」となる人が多い(笑)

 

・・というワケで、この記事を見ている男性諸君へ

多分、結婚の時こっそりへそくりを担いで嫁に来るような女子は、かなりの確率で良い女だと思いますよ。

金額を教えてくれなかったら、本物のイイ女。

いざという時に夫を支えてくれる、根性のある素敵な女性だと思うから、無理やり金額を聞き出そうとしないでねっ☆

 

そして、独身の女性の皆様、結婚前に大切に貯めた貯金は、そのままそっくり「へそくり」にしちゃいましょ!

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です