意外と知らない・・チョレギサラダとは?

こんにちは、ナツキです。

 

ゴールデンウィークで混み合う場所に行きたくないのと、世間のお休み気分につられて、手抜きご飯になっちゃった今日。

お野菜が食べたかったので、コンビニでサラダを購入しましたよ。

最近、定番のように居酒屋とかでもよく見かける、チョレギサラダです。

 

お店でも見るとついつい頼んでしまうチョレギサラダ。

ついにコンビニにも商品がでるほど人気なんですね~なんて思ったわけですが。

 

ところで、チョレギサラダって最近よく聞くけど、皆さん「チョレギ」の意味はご存知ですか?

そんなに昔からある言葉じゃないですけど、改めて聞かれると?ってなりますよね。

 

私は今日まで「チョレギ」の意味を知らなくって、響きだけ聞くと韓国語っぽいな~くらいにしか思ってませんでした。

 

チョレギは韓国語なの?

さて、ではチョレギがまず何語なのか。

そして、どういう意味があるのでしょうか。

 

気になって調べたんですが、「チョレギ」って言葉はやっぱり韓国語に由来があるよう。

そして、不思議な事に、韓国語の中でも方言で使われる言葉なんだそうです。

主に韓国東南地方(慶尚道地域)で使われる方言だとか。

 

「コンチャリ(コッチャリ)」という言葉の方言で、意味は「外側だけ漬けた」

つまり、「浅漬けのキムチ」のことだと言うのです!

チョレギサラダは日本にしかない?

私が食べたサラダ、特に漬けてなかったんですケド・・。

それにどうして韓国の一地方で使われる方言が、日本でちょっと違った形になって広まっているのでしょうか。

 

どうも、日本にチョレギって言葉が広まった時、生野菜をちぎったサラダ=チョレギサラダという使われ方だったから、このイメージで「チョレギサラダ」が広まったみたいです。

企業がドレッシングを売る際に、何か珍しくて興味を引くようなネーミングをと考えたのが、この勘違いを生んだそうなんですよ。

 

なので、韓国に行った時に「チョレギサラダください」と言っても通じないそうなので、これから韓国に行くわ、という方は要注意ですからねっ。

 

それにしても、今ではチョレギサラダって結構(私の中では?)メジャーだから、そうやって言葉が広がっていくのって面白いですね~。

しかし、方言からネーミングを考えるなんて・・企業努力すごすぎますっ。

 

お漬物ではなかったですが、私が食べたサラダも「浅漬け」の意味通り、塩ダレ味でさっぱりしてて美味しかったですよ~。

CIMG7119

 

野菜大好きなので、いっぱいお野菜を摂取できるサラダは好きです。

夏は、調理をするのも暑いし体を冷やしてくれる気がするので、うちの夏ご飯のサラダ率、かなり高いです。

 

いつもはコンビニじゃないですけど、お家で作ってもチョレギサラダは手軽で楽チンですよねっ。

何せ、”生野菜をちぎったサラダ”ですからね(笑)

ドレッシングを各種取り揃えて、味変楽しんでますよv

 

「チョレギ」の言葉を広めたとされるエバラ食品さんは、今もチョレギという言葉の入ったドレッシングを販売しています。

↓↓

 

まとめ

 

・チョレギとは、本来は「浅漬けキムチ」のこと。

・日本で最近知られているチョレギサラダは、塩味ベースのドレッシングがかかった、生野菜をちぎったサラダのこと。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です