がんばらなくて良いんです!自分の「頑張り」一度見直してみよう

こんにちは、奈月です。

 

夢のためにはがんばる!という方が、私の周りにはたくさんいらっしゃいます。

いつもその言葉を聞くたびにすごいなぁって思うんですが、今日はちょっと「がんばる」に視点をあててみましょ♪

 

あなたの「頑張り」は正しいですか?

一度じっくり考えてみてくださいね。

 

楽しい頑張りと、辛い頑張り、あなたはどっち?

私は常々、がんばるのには2通りあると思っています。

 

1、自分が明るい・楽しい気持ちになる頑張り
2、自分が辛い気持ちになる頑張り

 

1つ目の明るい気持ちになる頑張りは良いと思います。

本人も楽しいですし、周りも応援したくなりますよね。

家族で旅行したいから、頑張って旅行の情報収集をした、とかは楽しい気持ちになる頑張りですよね。

 

2つ目の辛い気持ちになる頑張りは、はっきり言って、やらない方が良いと思います。

家族で旅行したいから、嫌な仕事を増やして頑張った、だと楽しくないし、むしろ嫌な仕事をしなきゃいけないので辛いですよね。

それに、一時的にでも本人が辛い気持ちなることを、周りの大切な人もきっと良しとしないでしょう。

 

つまり、上の二つは「仕事して旅行に行く」というまったく同じ状況なのに、人によって、楽しい頑張りと辛い頑張りに分かれちゃうんですよね。

頑張って仕事したから、楽しい旅行が待っている!とモチベーションにするのは良いと思うんです。

そういう気持ちでやる仕事は、多分楽しい頑張りになると思うし。

 

自分にとって楽しい頑張りとは

夢のために頑張っている時、それが明るい気持ちになる頑張りなのか、それとも辛い気持ちになる頑張りか、を見極めるのはとても重要なこと。

 

自分がどういう風に物事を捉えるかによってもそれは変わってきます。

上で書いた通り、旅行の為に仕事を頑張るという全く同じ状況でも、本人の捉え方次第で、明るい気持ちにもなるし、つらい気持ちになる場合もある。

 

12年連続高額納税者番付1位だった斎藤一人さんは、「楽しい事をするのが自分にとって正しい事」と言われるそうです。

これって、ほんとに真理だと思います。

 

「夢のためなら苦労を苦労と思わない」とか良く言いますけど、夢の為と思うと、人って「楽しくなる頑張り」が増えるんだと思います。

同じ事をやっていても、自分で「頑張っている」とも思わないんじゃないかな。

楽しいって思えるんじゃないかな、と思います。

辛い頑張りよ、さようなら

あなたの頑張りは、辛いですか?

それとも、楽しいですか?

 

あなたが、もし今頑張っていて辛いとしたら多分、それは間違った頑張りです。

一度、やり方を見直してみたり、違う視点で物事を見てみると良いです。

もしも自分で気付けなかったり、どうすれば良いか分からなかったりしたら、誰かに相談するのも良いと思いますよ。

 

夢のために頑張るなら楽しい頑張りにして、辛い頑張りとはサヨナラしましょうね

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です