【タロット鑑定実例】十年来の親友の態度が変わってしまった理由とは?

こんにちは、ナツキです。

 

友人付き合いのマメな人、そうじゃない人様々だと思いますが、あなたはどちらのタイプですか?

私は全くマメじゃないのですが、友人にマメな子が多く、折々連絡をくれるので長く友人関係が続いている友達が少なからずいます。

 

そうやって長く友人関係が続くという人でも、お互いの環境などが変わって戸惑う事もありますよね。

今回はそんな長く続く友人関係に起こった戸惑いに関する鑑定です。

 

※鑑定実例は、掲載許可を得た方の実際の鑑定内容を、個人を特定できないよう一部改変してご紹介しております。

相談内容:友達の態度が変わった

では実際のご相談の内容から。

・相談者:Rさま、30代女性、会社員(子育ての為時短勤務中)

・依頼方法:メール鑑定

 

Q.学生時代からの親友S(女性)との関係について。

Sとは学生の頃から仲が良く、社会人になってからもマメに連絡を取り合ってきました。

ラインでのやり取りはこれまで通りなのですが、この頃会って話す時のSの態度が変わってきて気になっています。

 

遠方に住んでいるので頻繁に会うわけではなく、貴重な時間なのに、話の最中にぼんやりしたりして、つまらなさそうな態度に見えます。

私は真剣な悩みも打ち明けるのですが、Sは妊活中だったりして、私とは家庭環境が違うので深い話をしてこないし、私も深く聞かないのでそこが引っかかっているのかなとも思いますが・・。

そんな態度の割に、毎度Sの方から会おうと連絡してくるので、どういうつもりなのかよく分かりません。

 

結局のところ、Sは私のことをどう思っているのでしょうか?

何か私の態度で、改善するところはあるのでしょうか?

 

女性同士の友人関係のご相談ですね。

学生の時の友人、社会にでて環境が変わると関係性も変わるのは当然のようにも思いますが・・Rさまへの友人Sさんの気持ちをメインに鑑定してみました。

共感し合えない友人関係

今回は、今の気持ち・今どう行動すればよい?という問いに強いタロットカードで、友人SさんのRさまへの気持ちを鑑定してみました。

それでは、実際の鑑定結果を書いていきます。

 

最初に鑑定結果のポイントだけざっと並べておきますね。

・お二人は、今お互いに高めあうような友人関係ではない

・SさんはRさまより優位に立ちたい

・仲良くしていきたいとか関係を改善したいなら、話を聞くこと

・これからの付き合い方を一度考えるべき

Rさまへの友人Sさんの気持ち

まず、SさんがRさまに対してどう思っておられるかみてみました。

Sさんは現在、Rさまとお話していても実りがないとか、じれったいとかそういう風に感じておられるようです。

環境が違うのもですが、そもそもの価値観が違うお二人なのかもしれません。

Rさまのことを、自分の思いに共感してくれない人だと思ってしまっています。

 

だったら会わなければ良いのに、と思うかもしれませんが、これがまた少し複雑な気持ちが絡んでいます。

Sさんはプライドの少々高い人物のようで、Rさまに対して自分のプライドを刺激する相手だと潜在的に感じているんですね。

二人で会うことで、自分の優位を確認したいという意図が見えます。

会うときに、Rさまが自分の悩み相談だけをしている場合は、そういう話を聞いて安心したい、というような目的があるのかもしれませんね。

 

相談に乗ってくれる相手は貴重ですし大切にしたいものですが、それはあくまで共感をもって親身に聞いてくれたり、慰めてくれる人物の場合に限ります。

もしかしたら、これまでのSさんはそういった方だったのかもしれませんが、今はちょっと違うと思った方が良さそうです。

自分の話を聞いているときのSさんの様子を、少し気にして見てみてくださいね。

 

こうした事から判断しますと、お二人は残念ながら今現在はお互いに良い影響を与え合う友人関係とは言い難い関係のようです。

だから、二人で会った時に違和感を感じるのだと思います。

アドバイス1.相手の話を聞く

SさんのRさまへの気持ちについて見てきましたが、次に関係を改善するにはどうすれば良いのか鑑定しました。

Rさまへのこれからのアドバイス書いていきますね。

 

もしRさまがこれからも今までのようにSさんと会って交流したいという場合は、とにかく相手の話を聞くのが大切。

相手が話しやすい雰囲気を作ってみてください。

デリケートな悩みなどもあるかもしれませんので、細かい問いかけをするよりは「最近どう?」くらいの聞き方がおすすめですよ。

 

ちなみに、Rさまが自分だけ深い話をして、Sさんが深い話をしないという今の現状だと不満に感じるのは当然です。

返報性の法則って聞いたことはありませんか?

簡単に言うと、「与えた分と同じだけ返ってくる」と言うのが、人間の心理的にスッキリする状態だという事です。

 

つまり、Rさまが自分だけ深刻な悩みを打ち明けているから、不平等な感じがしてSさんに不信感が募るのは当然のことなのです。

逆に、Sさんの方も自分だけ深刻な話を押し付けられたように感じているはずですからね。

気を遣って、深い話を聞きださないようにしているつもりかもしれませんが、もしかしたらこの気遣いがアダとなっているのかもしれませんよ。

 

Rさまは、友達に打ち明け話を出来るようなとても素直な方なので、この返報性の法則をもっと上手に使えるはずです。

Sさんが話をしっかり聞いていないように思える場合は、逆にSさんのお話にしっかり耳を傾けましょう。

そうする事で、SさんもRさまのお話をしっかり聞く態勢に入りやすくなります。

アドバイス2.お付き合いの仕方を考える

これまでのようなお付き合いを継続していきたい場合は、とにかく話を聞くこと、なのですが・・。

どうしても会うと気分を害されるのなら、一度お付き合いの仕方を見直すのはどうでしょうか。

つまり、会う事で不快を感じるなら、今はラインのやり取りだけにしてみるとかですね。

ラインなら目の前に相手がいるわけじゃないので、お互いに気持ちに余裕を持って連絡を取り合えます。

 

ラインだけの友人関係というのも、全然良いと思いますよ。

別に、会って話さない人は友人じゃない!ってワケじゃないですよね?

お互いが心地よくいられる距離感での友人関係って、逆にとっても素敵だと思います。

鑑定まとめ

では、最後にまとめます。

SさんはRさまへ、共感してくれないという不満な気持ちを持っている

・Rさまより優位に立ちたい気持ちもある

・関係を良くするには、Sさんの話をよく聞くこと

・ラインだけにするなど、付き合い方を一度考えるべき

 

関係改善の為のアドバイスカードは、「話をしっかり聞く」と「付き合い方を見直して少し疎遠にする」という両極端な結果が出てしまいました。

でも、これはどちらか一方を選択すると言うよりは、両方をバランスよく取り入れるという意味合いが強いように感じました。

 

つまり、「付き合い方を考える」にしても、今だけの関係性を変えるイメージですね。

今は、ラインだけで連絡を取り合う関係になったとしても、時がたってお互いに気持ちの余裕が出てきたら、また会えば良いのです。

積もる話って感じで、いっぱいお話できるようになると思いますよ。(その時はもちろん、Sさんのお話もたくさん聞いてあげてくださいね)

 

それでは、鑑定は以上になります。

ご参考になさってくださいませ。

これまでの関係に固執しすぎない

ここからは鑑定後の感想を少し。

 

今回のRさまのご相談で気になったのは、そんなに嫌な思いをするのに、RさまはどうしてSさんに毎度会いに行くんだろう?という事でした。

まぁ、学生時代からの親友で、大切に思っているからだというのは分かるんですけどね。

 

正直に言うと、一生ず~っとべったり傍にいる友人って、いないんじゃないかと思います。

人生の目標とかも人それぞれですし、ライフステージの進み具合も人それぞれですから、どうしても会わない(会えない)時期なども出てきますよね。

ずっと一緒に歩み続ける人って、かなりレアなんじゃないでしょうか。

それが親友って呼べるくらいの仲だったとしてもね。

親友=ずっとべったりの友人、ではない

今回のご相談者のRさまのように、親友と呼べる関係だったとしても、会うたびに気分がモヤモヤするのであれば、一時的にお付き合いの仕方を考えるのも1つの手ですよね。

 

私の母も「親友なんてものはこの世に存在しない」と、学生時代の私にあっさり宣言していました。

それなのに、還暦を過ぎた今でも年に1回は、学生時代からの「友人たち」と楽しく海外旅行に出かけていきます。

「ずっとべったりの親友」よりも、「その時々で関係性を変えても一生付き合っていける友人」の方が得がたいなぁとは、母から学んだ事です。

 

関係性が変わっていく事に不安を覚える方は多いですが、それこそ親友ってずっとべったりしていないといけないのかと言うと、そうじゃないはずです。

逆に、柔軟に長く付き合い続けていけるのが、「親友」なんじゃないでしょうか。

 

「今までの関係」というのにこだわる必要はないし、そこにこだわりすぎると、逆に辛くなってしまいます。

その時その時に応じた形で関係性を築いていけるのが、一番良いスタイルですよねっ。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です