【タロット占い実例】片思いの彼は私の事をどう思っている?

こんにちは、ナツキです。

 

相手の気持ちが知りたい!と、占いに来られるお客様はとても多いです。

特に恋愛関係のご相談では、相手の気持ちを知りたいというのは最もポピュラーな相談内容の一つと言って良いと思います。

そのくらい、”誰かの気持ち”を知りたいって方が多いんですよね。

 

今回はそういった内容の相談例をご紹介します。

 

動画版はこちら(内容は同じです)

チャンネル登録はこちら

 

※占い実例は、占いモニター割引(33%オフ)を利用された方の実例を、個人が特定できないようにしてご紹介しております。

モニター割引の詳細はこちらをどうぞ

相談内容:片思いの彼の気持ちは?

では、実際の相談内容です。

相談者:Iさま、10代女性、学生

鑑定方法:メール鑑定

 

Q.片思いの彼がどう思っているのか知りたいです。

彼は同じ学校でサークルも同じなので、頻繁に顔を合わせています。

最初は元カレの相談をしていたのですが、元カレと別れて励ましてもらっている内に好きになりました。

彼にはすでに、気になっていると伝えていますが、彼の気持ちは分かりません。

私のことをどう思っているのでしょうか。

 

気になっていることも相手に伝えられて、すごく勇気のある女性ですよね!

でも、彼がすぐに応えてくれなかったということもあり、彼の気持ちを占うご依頼でした。

彼の気持ちを占う

今回は、気持ち占いに強いタロットを使って、I様に対する彼の気持ちを占いました。

実はもうかなり好き同士みたい

気になっている、と既に彼に伝えてある事も良かったのだと思いますが、彼もI様の事が気になっており、とても好意を抱いているようです。

話もしやすく、守ってあげたい女性という感じでI様の事を見ていらっしゃいますね。

 

もうお付き合いを申し込もうか、という段階に来ているようなのですが、この段階に来てなかなか想いを伝えてくれないのには理由があります。

どうしてすぐには応えなかったのか?

彼がI様の気持ちにすぐに応えてくれなかったり、今もなかなか想いを伝えてくれないのには、理由があります。

 

これは、1つには元カレの相談をしていた事に原因がありそうです。

というのも、別の誰かの影響を心配するような鑑定結果が出ており、まだ元カレの事を引きずっていないか?という気持ちが彼の告白を邪魔しているのだと考えられます。

 

また、気になっているとは言われたものの、好きとは言われていないところも、彼の勇気をくじいているようなのです。

気になっているって、確かにどの程度なのか?とか疑問を覚える言葉ですよね。

付き合ってと言って果たして受け入れてくれるのか、そんな不安が彼の心情として鑑定結果に表れています。

 

意外と「気になっています」とか「好きです」だけの告白では、告白された側はどうして良いか分からなくなる事が多いと言われています。

彼もI様の事を好きだけど、言おうか言わずにおこうか、という不安に揺れてしまっています。

アドバイス・対策

こういった状態から、まずはもう彼の前では元カレの話は極力控えた方が良さそうです。

もしかしたら、今でもなるべく話さないようにしているかもしれませんが、何かそういう話の流れになった時に一言、「終わった恋宣言」を彼にしておくと良いですよ。

 

終わった恋宣言は、「あなたのおかげもあって、もう元カレの事は良い思い出になった、ありがとう!」というような内容でOKです。

何も言わずに話さないようにしていると、実は気持ちの中では引きずっているのかも?などと勘違いされる可能性もありますからね。

 

あと、気になっているとは言われたものの、確信を持てない彼の為に、告白したらOKしてくれそうと思わせる態度でいるのも重要です。

つまり、「告白OKサイン」をこっちから出してあげると良いわけです。

 

色々とやり方はありますが、一つ例を挙げるなら

「○○君といると楽しい・落ち着く」

などと彼に言うのはオススメですよ。

占いの結果まとめ

では最後に、占いの結果をまとめておきますね

・彼もI様の事が好きなようです

・お付き合いしても良いなと思っていますが、まだハッキリと気持ちを告げないのには訳がある

・1つは、元カレを引きずっていないか気になっている点

・もう1つは、「気になっている」と言われたものの「好き」とは言われていない点

・彼の告白を後押しするには、「終わった恋宣言」と「告白OKサイン」が有効的

 

鑑定の結果からみて、もうお付き合いに至るのは目前かと思います。

ただ、ここで気を緩めず彼の告白を促すように行動するのが重要なポイントとなってきます。

それを忘れずに、彼との時間を楽しんでくださいね。

I様を慰めてくれた優しい彼と、ハッピーな展開を迎えられますようにお祈りいたします。

 

鑑定は以上の通りでした。

告白は気持ちを伝える+αが必要

ここからは、鑑定を終えての感想です。

告白の際に、気持ちを伝えたくて「好きです!」「あなたが気になっています」と伝えるのはとても素敵ですよね。

今回のI様のメールを読ませていただいた時も、勇気がいる告白だったんだろうな、素敵な人だなと感じました。

 

ただ、残念なことに告白って気持ちを伝えるだけじゃ、伝わりきらない場合もあるんですよね。

本当に気持ちだけを伝えたいのならそれでも良いんですけど。

 

でも、告白する時って「この人と付き合いたいな」とか「ずっと一緒にいたいな」とか、気持ちを伝えてさらにその後の展開を望む場合がほとんどではないでしょうか。

そういう場合に、気持ちだけを伝えると「ありがとう」と言われるだけで終わってしまったり、相手からのリアクションがなかったりという事態を引き起こしてしまいます。

 

いや、言わなくても分かるでしょ、と思うかもしれませんが大切な言葉を省いてはいけません。

 

なぜなら、「好きです」だけ伝えた場合、告白相手の頭の中身はごちゃごちゃになります。

それって、どのくらい好きなの?

付き合ってほしいってこと?

でもそこまで言われていないって事は、そうではないのかな?

じゃあ、付き合ってみる?と言ってしまって良いのか?

そこまではいいです、とか言われたら立ち直れないし…

などなど、一瞬にして色々考えることになるからです。

 

いっぱい考えるのって、脳に負担がかかるので、脳は「あーめんどくせっ、考えるのナシ!!」と指令を出します。

「あー、ありがとう?」

思考が停止してしまったその人は、それだけ言ってそそくさと去る…なんて事態になってしまうんですよね。

これじゃ、告白してもがっかりですよね。

 

そんながっかり告白にならない為に、告白して何かその後の展開を望む場合は、必ずそれを言い添える必要があります。

付き合ってほしいなら、「好きです、付き合ってください」といった具合ですね。

 

もちろん、「気になっています」と言うだけでも勇気がいるとは思いますが、後々宙ぶらりんの気持ちに苦しまない為にも、だいじな言葉はハッキリと伝えてあげてくださいね。

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です