【注意】頑張りすぎてしまう人の手相|それ、休んで良いサインです

こんにちは、フォーチュンセラピストのナツキです。

 

何だか最近、自分の思う通りに物事が運ばなくて辛い…

そんな時って、誰しもありますよね。

 

これからの運勢をみて欲しい、というご依頼を頂いて手相を占ったMさまから、鑑定後にこんな感想を頂きました。

(一部省略)と思いましたが、手相だけを見てあんなに色々解るなんてビックリしました‼️

 

ナツキさんの話し方、声もとても心地良く、2時間あっという間に過ぎていました。

占いもとても当たっていてビックリしました!

 

旅行線の事はまさにその通りでした!

転勤族、地元から離れているなど。

○歳から地元には戻っていません🏠

旅行も、気分が落ち込んでる時に行くと気持ちが晴れてやる気が起こります!

なのでこまめに旅行に行っています✈️

 

職場の人間関係にストレスを感じ、職場を辞めてフリーの状態でした。

職場を辞めた事に、自分が弱い事がいけなかったかなーとか、

もっと頑張れば良かったかなとか、お休みしている自分は怠けていて

なんてダメ人間なんだーとか悩んで落ちこんでいました。

 

 

でも、ナツキさんに休憩サインが出てるからお休みの時期だよ。

悩む事が良い時期、ここでいっぱい悩んだりした方が後あと、良くなると言われて、

今はお休みしていて良いんだ!っと

ホッとしました。

 

ただの占い師ではなく、人を幸せにする。

その通りの素敵な方でした☺️

本当にありがとうございました✨

本人的にとても辛い時期に、こんな風に自分を責めてさらに落ち込む方も多いと思います。

でも、

自分を責めなくても良いんです!

そんなに我慢して、自分を苦しめないで、一旦お休みしましょう。

 

占いでも、停滞を感じやすい時期と出てしまう事は、正直あります。

俗にいう「運気の悪い時期」ですね。

そういった時期をどう乗り越えていくのか、どういう気持ちで過ごして行くと良いのか、手相鑑定の実例と共にお話していこうと思います。

※掲載許可を頂いた方の実例を、個人情報に配慮した形でご紹介させて頂いております。

動画でチェック、頑張り過ぎな方の手相

文章を読むのが苦手で、動画で内容をチェックしたい方は、こちらの動画をご覧ください

チャンネル登録はこちら

Mさまの手相から見る停滞期

では、最初にMさまの手相を見た時の所見からお話していきます。

こちらが実際の手相のお写真。

赤:生命線

青:頭脳線

黄:感情線

白:その他、気になった線や重点的に見た線

という具合に、線を強調させて頂いております。

 

所見はこんな感じです。

知的でコミュニケーション能力が高く、環境への順応力も高いタイプの方だなと言うのが最初の印象。

センスがあって、感受性が豊か。

もしかしたら、ちょっぴりユーモラスな方かもしれません。

 

他にも、色々と鑑定させて頂いているのですが、

気になったのは、ストレスや気力の低下が心配な相だという事です。

日常的なストレスの相と言うよりは、もう少し深刻な形でしたので、時期的に今ちょうど停滞を感じやすい時期なのではないかと鑑定しました。

 

所見は以上の通りです。

停滞期は何もかもうまくいかない時期ではない

手相からは、停滞や休憩のサインが出ていましたので、

ナツキ
お悩みがあって今辛いな…と感じていらっしゃる場合、「今」は休憩のサインが出ていますので、休みましょう

と、Mさんにはそのままお伝えさせて頂きました。

 

人によっては、停滞の時期をつらいと思わずに過ごせる方もいらっしゃいますが、Mさんのように自分を責めて落ち込む方も多いと思います。

特に、真面目な人ほど、

・私が間違っているのかなぁ

・こんなに休んでちゃダメだ

・悩んでばっかりでイヤになる…

などと自分を責めがちですし、誰にも弱音を吐かずに頑張ってしまって、余計辛くなってしまうんですよね。

 

でも、

そんな風に自分を責める必要はないです。

 

悪い時期・停滞期って、何もかもが悪いというわけじゃないです。

確かに、成果が得られないとか、じれったい場面が多く訪れます。

でも、それはそれでとても大事な時期です。

 

しっかり悩みを吐き出すことで得るものがあったり、たっぷり休憩して次のアクションに備える時期として、とても大事な時期なんです。

つまり、

いっぱい悩んで、しっかり休憩してOKな時期

でもあります。

ナツキ
ここで沢山悩んでおけば、この後が楽!

 

だから、つまずいてしまったり、悩んでいたとしても、自分を責めなくて良いんです。

逆に、今悩むってことは、運気を掴んでいる証拠だって考えてください。

停滞期に自分を責めずに過ごす

停滞期って、つい自分を責めて過ごしがちかもしれませんが、

何度も言うように、自分を責めずに過ごしましょう!

でも、どう過ごしていけば良いのか分からない…

という場合、こう考えると楽だよ!という考え方をご紹介しますね。

良い意味で諦める

停滞期を乗り切るのに良い考え方は、ズバリ

諦めること

 

私が、

ナツキ
こういう時期なので、諦めて過ごしましょう

って言うと、

えー!諦めるんですか?!

って方も多いかもしれませんね。

 

ですが、名言にも

人生には「灰の時」と「炎の時」がある。

なすべき何事もない時は、何もすべきでなはい。

~アンリ・ド・レニエ(詩人)~

練習したことによって試合当日に疲れを残してしまうのはマイナスです。

大事なときに気力、体力ともにピークを迎えるには、休む勇気も必要です。

~松岡修造~

と、良い意味で諦めて、休むことが大切だという事を教えてくれる言葉があります。

 

停滞期(悪い時期)って、良い意味で「諦める」ことで気持ちが楽になって、前に向きやすくなります。

自分を責めがちな方も、こうしたら良かったのか?とか、諦めきれずに色々考えるから、自分を責めてしまうんです。

頑張り屋さんで苦しんでいるのに勤勉に働く事を諦めきれないから、休むことを悪い事のように捉えて、苦しくなってしまうんです。

 

だから、

こういう時期なんだ、休んで良い時期なんだ

って、一旦、これまでやって来たことを「諦めて」過ごす事で気持ちがスッキリします。

気持ちがスッキリして前向きになっていけば、停滞期の後に来る上昇の運気に乗りやすくなります。

だから、停滞期や運勢が悪い時期は「絶対的に悪い時期」ではないです。

心のもちようで、「悪い」と感じやすいだけの時期。

ナツキ
「悪い」と感じるのは錯覚のような物です

一旦休んだり、悩みを吐き出して身軽になる期間です。

 

次の上昇気流に乗るために、力を溜める期間ですから、自分の気持ちの覚悟をしておけば、ちゃんと乗り越えていけます!

まとめ

・運が悪い時期&停滞期は、休んでも良い時期

・また、たくさん悩みを吐き出すことで、後につながる時期

・良い意味で「諦めて」前向きに過ごせば、次の上昇運気に乗りやすい!

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です