価値観が合わない人との付き合い方・上手な対処方法とは

こんにちはナツキです

話が長くなりそうなんで、まず結論だけ先に書きますね。

 

価値観が合わない人との付き合い方

価値観に絶対に正しいは無いので、価値観が合わない人とはなるべく距離を取る、価値観が合う人となるべく付き合う。

 

改めてこんにちは、ナツキです。

男女が別れる理由の1つに「価値観が合わなかったから」というのが多いようです。

みんな価値観の合う人ばかりなら良いんでしょうが、そうじゃないですよね、合わない人の方が多いと思います。

 

私も会社員時代、前の席に全然仕事をしないやる気のない人が座っていました。

こっちは忙しいのに・・と目に入る度にイライラしてストレスが溜まりました。

事あるごとに意見して、その人を変えてみようとしましたが、全然変わる気配はないし、話すとストレスばかりが溜まりました。

結果、最後に悟りました。

『この人は変わらない、変わるなら自分を変えたほうが早い。』

この人はこういうものなんだと思おう、と自分の思考を切り替えたことでだいぶ気持ちが楽になりました。

絶対に正しい価値観は存在しない

会社など、不特定多数の人が集まる場所では、価値観が合うもの同士でいるのが一番楽ですけどそうじゃない時もあります。

ただ、1つ覚えて欲しいのは絶対的に正しい価値観は存在しないということです。

それは、時代や、年齢や、性別や、職業や、国籍によって様々に変化するもので・・・絶対にコレが正しいということはないんです。

 

例えばお歯黒、江戸時代の女性は歯を黒く染めて、漆黒なほど美しいとされていました。

でも、今、歯を黒く塗った女性なんて見かけません。

もし街で見かけたら、なにあの人?って思っちゃいますよね。

 

つまり、お歯黒の女性は江戸時代は美しいとされていたけど、現代ではおかしな人ってなってしまうように、価値観がどんどん変化してるんです。

 

また、時代が同じでも価値観は違う場合もありますよね。

ある国では太ってる女性の方がモテるといいますし、ブラジルではおしりの大きな女性がモテると言います。

これも国が違えば価値観が違うの好例ですよね。

自分の価値観を相手に押し付けるのは不毛な行為

例えば、20度の水があったとします。

砂漠のような暑い場所で20度の水を飲めば、冷たい水ですけど

北極のように寒い寒い場所で20度の水を飲めば、温かい水になります。

 

砂漠の人と、北極の人が

「これは温かい水だ!」

「イヤイヤ、これは冷たい水だ!」

「なんだとぅこのやろうぉ」

で、喧嘩・・・っと(´・ω・`)ヤレヤレ

って言い争ってたらどう思いますか?

 

いやいや、それは見方の違いでしょ?

20度の水は変わらないでしょ?

熱いも冷たいもないんじゃない?って思いますよね。

第三者から見たら不毛な言い争いにしか見えませんが、当事者からしたら、相手のことが憎くて仕方がないくらいです。

 

こんなふうに、価値観の違う人とは、たとえ同じ日本人で、同じ性別で、同じ年齢であっても、砂漠の人と北極の人くらい中身は違ったりするわけです。

 

なのに

私はこう思う!

いやいや私はこうだから!!

と言い争ったところで、やってることは、砂漠と北極の喧嘩と大差ありません。

立ち位置によって価値観は変わる、絶対的に正しい価値観は存在しないんです。

これはまず1つ覚えておいてほしいことです

自分の価値観を正と言い張るのは無意味

価値観の違いで喧嘩になる場合、どちらかが(大抵両者が)

私の価値観は正しいんです!

と言って譲らないときです。

 

でも先程言いましたね。

絶対に正しい価値観は存在しないって。

価値観なんて、見方を変えれば、合ってるとも言えるし、間違ってるとも言えるとても曖昧なものなんです。

 

だから

自分の価値観が正しいと強行に主張したり、相手の考えを変えてやろうとしたり、それは意味のない衝突とも言えます

 

この水(20度)は絶対に冷たい水なんです!(# ゚д゚)ムキー

 

って言い張ることにどれだけ意味があるのか?

ということですよね。

あまり意味が無いんですよね、実際・・・

自分の価値観が相手にわかってもらえないと、ストレスも溜まりますしね、良いことないと悟りましたよ(独り言)

実はここからが本題です

ここから本題で申し訳ないんですが、価値観が合わない人との付き合い方ですよね。

 

まず、相手の価値観を変えてやろうとか、そういう事は思わないほうが良いです。

疲れるのは自分だし、ストレス溜まるだけなんで。

この人はこういう価値観で生きてるんだなって一度飲み込んでください。

ああ、この人はこの水(20度)を温かいと感じるのかぁ・・・って

 

そんな事出来ない!

無理!!

って思うかもしれないけど、自分の価値観が正しいかも、相手の価値観が正しいかもよくわからないんです、誰にもわからない

だから、いったん飲み込む、いったん尊重してあげてください。

 

で、その価値観が自分の体に合わないものだったら、その人から距離を取ればいいだけです。

無理に衝突しても人は変えられませんから、自分が変わるほうが早いです。

ああ、この人とは分かりあえないわぁ・・疲れるだけだわってなったら、こっちからすっと距離を取る。

 

これがベストです。

こうすることで、何より自分が楽に過ごせるようになりますよ。

チンパンジーで例えて見よう!ウキウキ

ちょっとチンパンジーに例えてみましょうか、多分その方がわかりやすいです。

動物園のチンパンジーを見たと、見たらバナナを皮ごと食べてるわけですよ

ああ、チンパンジーがバナナを皮ごと食べてるわ~

皮ごと食べるとかありえないわ~皮むいて食べた方が絶対美味しいのに・・と思ったとします。

 

で、

これまでは

 

なんで皮ごと食べるの?皮をむいたほうが絶対美味しいに決まってるから!(# ゚д゚)ムキー

 

ってチンパンジーに向かって叫んでたわけです。

自分の価値観を押し付けてたわけですね。

 

でもチンパンジーは

「ウキ?(こいつ何を怒ってんの?)」

何を怒ってるかわからないわけです。

こっちはさらに続けます

「ウキ?、じゃなくて、なんで私が言ってることわかんないかな~(イライラ)」

ってなってたわけです。

 

チンパンジーに向かって、チンパンジーの価値観を変えようとして、自分だけがイライラしたり、ストレス溜めたり・・・

なんか不毛ですよね。

 

そういうのは疲れるんで、すっと自分が引けば良いだけです。

ああ、チンパンジーがバナナを皮ごと食べてるわ~

皮ごと食べるとかありえないわ~

皮むいて食べた方が絶対美味しいのに~

私には理解できないけど、あれが美味しいんだろうな~

ま、私は皮を剥いて食べるけどね!

で良いんですよね。

 

で、価値観が合う同じ人間と、やっぱりバナナは皮を剥いて食べたほうが美味しいよね、ってなればいいんです。

 

でもチンパンジーはチンパンジーでこう思ってるかもしれません

バナナを皮ごと食べると食物繊維たっぷりでお通じに良いんだよね、なんで人間は皮捨てちゃうんだろ、もったいないわ

って

価値観が合わない人との付き合い方まとめ

価値観に絶対に正しいは無いので、価値観が合わない人とはなるべく距離を取る、価値観が合う人となるべく付き合う、が疲れない付き合い方になると思います。

間違っても相手の価値観を変えてやろうと思わないことです、ほんと疲れるだけです、チンパンジーに何を言っても、チンパンジーは変わらないのと同じ事です。

 

色々書いてしまったのでまとめますね

・価値観とは時代や、国、年齢、性別で様々に変化するもの

・絶対にこれが正しいという価値観は存在しない

・見方を変えればどっちも正しいとかもよくある話

・相手の価値観は変えられない、それをやろうとすると疲れるのはこっち

・相手の価値観はいったん飲み込む、合わなければ一歩退く

・価値観が合う人となるべく付き合う

 

値観は人それぞれだと、相手の価値観をまずは尊重して上げてください

そして

相手の価値観を尊重すると面白くないとか、自分に不利益があるなら、その人との付き合いは考えたほうが良いです。

 

相手の価値観を変えようとするのではなく、合わない人は自分から一歩引いて、価値観のあう友達や恋人を探して、そういう人たちに囲まれて暮らすほうが幸せになれますよ。

 

最後にインド人の知恵を送ります

インドのお母さんは子供にこう教育します

あなたにはダメなところがあるのだから、人のダメなところも許しなさい

誰にだってダメな部分はあります、私にもあります、きっとこれを読んでくださってるあなたにもあるでしょう、それを許してくれている人は(自分が知らないところで)必ずいるはずです。

だから、人のダメなところも許して、でも、どうしても合わないなら一歩引きましょう。

それが疲れない生き方です。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です