夢がどんどん叶う究極の方法

ずーっと叶えたかった夢がありました。

 

こんにちは、ナツキです。

 

冒頭の一文・・本当の事です!私には、叶えたい夢がありました。

過去形なのは、全て叶っているからです。

 

もちろん叶った後、新しい夢は次々持ち続けてどんどん叶えていますよ。

 

皆さんは、夢叶えてますか。

新しい夢もどんどん叶えていっていますか?

夢を叶えるには、特別な能力は必要ない

私は、超能力のような不思議な力を持っているわけではありません。

 

今現在、有り余るお金を持っていて、お金で夢をムリヤリ叶えているわけでもないです。

今までお金のかかる夢を持っていなかった、とも言えますがw

まぁ、お金のかかる夢はこれから叶える予定としておきましょう(笑)

 

夢を叶える能力は、皆が持っている」と私は思っています。

 

ただ、その能力の使い方を知っている人は、一部なのかもしれません。

でなければ、非現実的な夢以外みんなの夢が叶っているはずです。

 

なぜ、夢を叶えられるひとと、そうでない人がいるのか?

今回は、私の夢が叶ったケースを1つ紹介してみますね。

フラダンス仲間が欲しい!

私は15年くらい前からフラダンスをしています。

神戸の先生に師事していて、学生時代は1年に数回レッスンしてもらっていました。

 

地元で就職してからも教えてもらっていましたが、何せ遠いんですよね~。

年1回のレッスンにも予定が合わなくなり、ついに行けなくなってました。

 

もっとフラダンスをやりたい、出来れば一人じゃなく地元でフラグループを作りたい!と思うようになりましたが、学生時代の友人も皆就職してバラバラ。

隣町に住む子が一番近いくらいで、定期的に集まるのは難しそうです。

 

このままフラダンスをしない生活になっていってしまうのか・・。

そう残念に思いましたが、それでもあきらめきれず1ヶ月くらいは、こんな風にやりたいなぁって色々イメージしてたかな。

 

そんな時、急に地元小学校の体育館が建て直しの為1年間使えなくなり、体育館を毎週使っていたママさんバレーのメンバーから「1年間公民館で出来る軽い運動はないか」と相談されました。

 

とっさに「私がフラダンス教えようか?」と言うと、本当に1年フラダンスをやる事に決まったのです!

隣町の友人も、ちょうど何かやりたいと思っていた、と協力してくれて、皆でフラダンスをできるようになりました。

 

予定の1年を過ぎ、私も手伝ってくれた友人も結婚して地元を離れましたが、ママさんバレーのメンバーは、今も自分達でフラダンス教室を運営して楽しんでくれています。

私も地元に帰るたび一緒にフラダンスを楽しんでますよ。

思うだけで叶うんです

上の通り、私は1ヶ月くらいの間、ただこんな風にしたい、あんな風にしたいと思いをめぐらせていただけです。

ただそれだけのこと。

 

でも、常にイメージをしていたからこそ、急に「何かない?」って聞かれた時、とっさに「フラダンスどう?」って答えられたんです。

何も考えていなかったらきっと、とっさに言い出せなかったと思います。

 

もしくは、本当はフラダンスって言いたい・・でも自分だけで教えられないし、なんて怖気づいて言葉に出来ず、夢を叶えていなかったでしょう。

夢はなるべく具体的に思い描く

思っただけで次々と夢が叶う・・不思議な事のようですが、これは皆が持っている、夢を叶える脳の機能なんです。

さて、では私は、どんな風にこの能力を上手に使ったか。

 

その夢をなるべく具体的に思い描く事。

そして、「もしも・・」と考えるのではなくて、「こうする」と言い切る形で思い描く事、これだけです。

 

これだけで、脳はそれが本当に起こる事だと認識して、その夢を実現する為に勝手に動いてくれるんですよ。

 

皆さんも叶えたい夢があったら、このやり方で1回試してみてくださいね☆

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です