【シンプル手相】姫扱い必須?甘え上手なプリンセスの手相とは

こんにちは、ナツキです。

 

お暇な時間に自分でサクッと手相を見たり、飲み会などのフランクな場面でのネタ用に誰かの手相を見るためのシンプル手相シリーズ。

今回は、プリンセス手相編です。

 

私の小さい頃の夢は、お姫様になる事でした。

つい先日、実家の片付けの時に、幼稚園で書いたと思しき「将来の夢」ファイルを発見。

そこにもしっかり「お姫様になる!」と書かれていました(^^;)

 

ディズニーなどのアニメ映画にもお姫様がたくさん出てきますし、女子なら一度は私と同じようにプリンセスに憧れたかもしれませんね。

という訳で、今回は皆が憧れた(かもしれない)プリンセスな手相をご紹介します!

プリンセスな手相を示す2つの線とは

さて、プリンセスの手相とは言っても、プリンセスも様々で、アニメや童話でも色々な描かれ方をしますが・・。

今回は、甘え上手でつい周りが手を貸したくなるような、そんなお姫様扱いが相応しい人の手相=プリンセスな手相として紹介していきたいと思います。
現実に、つい手を貸したくなっちゃうような人っていますよね。

そんな、「プリンセスな人」の持つ手相は、2つの線をチェックする事で分かります。

動画版はこちら(内容は同じです)

 

チャンネル登録はこちら

 

1.気付き線の有無をチェック

まず、1つは気付き線があるかどうか。

気付き線は、下図赤線①で示したような線のことです。

薬指と小指の間から、薬指の下側へ向かって伸びる線ですね。

この気付き線は、何か悟った人に現れる・・なんて言われたりもしますが、私は感性が鋭くて多くのことに気付きやすい人に現れる線だと考えています。

 

それでどうして、プリンセスな人の手相なの?と思うかもしれませんが、気付き線をお持ちの方は、何かを受け取ることがとても上手。

ちょっと悪い言い方をしてしまうと、かなり受身で自己主張しないタイプなんですよね。

 

でも、感受性が豊かで、周りの人が言うことを素直によく聞けるので、様々な事に気付いていける人とも言えます。

なので、良い面を強調するなら、自分から一生懸命主張したりしなくても、周りの援助を受けられて、上手に歩んでいける方なんですよね。

助力を請わずとも助けてもらえる、まさにプリンセスな方の相と言って良いのではないでしょうか。

2.甘え上手線の有無をチェック

続いて、2つ目のプリンセス手相のチェックポイントは、甘え上手線があるかどうか。

甘え上手線は、下図青線②で示したような線です。

人差し指の下に、一本ではなくたくさん細かな薄い線が入っている、という状態ですね。

この相は、子どもっぽくて甘えん坊な方によく見られます。

良く言えば、無邪気で天真爛漫な方に多いんですよね。

 

この線をお持ちの方は自分がイニシアティブをとって何かをやるという事は苦手な人なので、つい誰かに甘えたりしがち。

誰かに甘えたり、誰かの後ろに付いて行くのが上手な方と言えます。

 

そして、このタイプの方は無邪気に慕ってくれたりもするので、甘えられた方も悪い気はしません。

つまるところ、甘え上手線という名前の通り、めちゃくちゃ甘え上手な方なんですよねっ。

 

ちなみに余談ですが、この線・・テレビでも有名な手相家さんによると、ファンとの距離感が近い現代のアイドルにも多いんだそうですよ。

プリンセスな手相の持ち主との上手な付き合い方

という訳で、プリンセスな手相について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

自分にプリンセスな相があったと言う方は、ラッキー☆

周りの引き立てを得やすい方だと言えますからね。

周囲の方に感謝して過ごしていきましょう。

 

自分以外の手にプリンセスな手相を発見した場合は、その人に何かと甘えられたり、放っておけないと感じる場合があります。

自分が大変にならない程度にお世話してあげると、仲が深まりやすいですね。

 

ただ、今回ご紹介したプリンセスな手相の人は、やや自分に甘い方だとも言えます。

あまりにお世話をしすぎると、その人の自立心を育てる場面が少なくなりすぎてしまう可能性があります。

甘やかしすぎないように注意する必要がある、と少し心に留めておくと依存したりされたりしない、良い関係が築けますよ。

まとめ

では、プリンセスな手相のチェックポイントを最後にまとめます。

 

プリンセスな手相の見方

1.気付き線があるかどうかをチェック

2.甘え上手線があるかどうかをチェック

 

周りにもし姫っぽい方がいたら、その人はプリンセスな手相を持っているかもしれませんよ~。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です