【シンプル手相】一人でも生きられる?恋愛後回しな喪女の手相とは

こんにちは、ナツキです。

 

自分で自分の手相をこっそりチェックしてみたい方や、話の種に周囲の人の手相を見てみたい方の為のシンプル手相シリーズ。

今回は、喪女編です。

 

「喪女」は非モテ女子、つまりモテない女性の事を意味する言葉だそうです。

これは、パートナーにまだ巡り合えていない女性と言う事でもありますね。

という事は、もしかしたら喪女は、男性からしたら狙い目な女性とも言えるかもしれません!

 

今回は、そんな恋愛に注力していない、クール女子の手相=喪女の手相という事で紹介していきたいと思います。

喪女にも素敵な魅力がある

喪女=モテない女子と聞くと、何だかあまり魅力的に感じないかもしれませんが、喪女は恋愛にそこまで関心がなかったり、恋愛をあまり重視していないだけの場合も多いです。

恋愛面でアグレッシブに動かない、恋愛奥手女子なだけなんですよね。

 

しかも、モテないと聞くと、何だかもっさい感じの女性をイメージしてしまうかもしれませんが、身奇麗にしておられる喪女の方も実は多いです。

私の友人も自分を喪女だと言いますが、清潔感があって常識的な、話題の豊富な女性です。

この子が何故モテないの?と不思議なくらい。

 

 

ただ、私の知る喪女の方は、恋愛以上に何か熱中できる趣味がある、という方がほとんど。

今は、恋愛にそこまで情熱を注げないとか、まだあまり男性とのコミュニケーションに慣れていないだけだったりして、今後恋愛に興味が向く可能性があるというケースも多いのです。

 

ですので、喪女=魅力がないと言うわけではないんですよね!

普段、なかなか表に現さない喪女の魅力を見出して引き出せる人に会えれば、ちゃんと恋愛できる女性なんですよ。

喪女の手相とは

さてでは、そんな魅力を奥に秘めた喪女の手相を見ていきましょう。

チェックするポイントは2つですよ!

動画版はこちら(内容は同じです)

チャンネル登録はこちら

 

1.結婚線がない

まず一つ目のチェックポイントは、結婚線の有無です。

喪女の手相は、上図赤丸①の部分に出るはずの結婚線がありません。

 

結婚線がないなんて、結婚できないの?と心配になるかもしれませんがご安心を。

結婚線は、人生で意味のある人との出会いを示すので、結婚相手の数を表すわけではありません。

 

人との出会いに消極的な人や、結婚に興味がない人の手には、結婚線がありません。

まさに、恋愛に興味を抱いていない喪女には、出やすい手相と言えますね。

2.感情線が短い

次にみて欲しいのは、感情線です。

感情線は、小指の下の辺りから伸びる線ですね。

喪女の感情線は、上図青線②で示したような形です。

感情線が短いタイプですね。

感情線の長さは、人差し指の下まで到達しているかどうかを基準にして、到達していない場合が短いタイプと捉えてください。

 

感情線が短い人は、簡潔に言うとクールでドライな人。

人との出会いや別れも、あっさりしているようなタイプの方です。

 

このタイプの方は、誰かに強く執着することもあまりありません。

こうしたことから、恋愛においてもクールで「気のない女性」だと思われがちになり、モテにくいと言えます。

 

でも、実はこういった形の感情線は、好き嫌いがハッキリしている方の特徴でもあるんですよ。

ですので、態度に表さなくても、傍にいる人のことは本当に大切に思っている方です。

まとめ

喪女の手相について、チェックポイントを2つご紹介しました。

最後にまとめます。

喪女の手相、2つのチェックポイント

・1つ目は、結婚線がない

・2つ目は、感情線が短い

 

もちろん、このような手相を持っている人が全て、モテない女性だと言うわけではありません。

それに、喪女の手相をお持ちの方は、孤独に強いと言うメリットもあるんですよ!

どこでも一人で気軽に行けちゃうとか、そういう強さがあります。

 

また、喪女は分かりやすい女性ではないけど、付き合いにくい女性ではありません。

恋愛に今はそこまで興味が無いのかもしれないけど、自分の傍にいる人を大切に思える人だし、実は秘めた魅力のある女性でもありますから。

 

もし、自分に喪女の手相があったとしても、恋愛に不向きと言うわけではありません。

安心して、自分の興味が恋愛に向くときを待ってみてくださいね。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です